2010年01月08日

アジアに多いやせ形で糖尿病

読売オンラインより

【太っていない人が糖尿病を発症しやすくなる遺伝子変異を、
徳永勝士・東京大教授らのグループが発見した。】

 詳しくは⇒YOMIURI ONLAIN

KCNJ15と呼ばれる遺伝子だそう。
欧州の糖尿病患者には肥満が多いのに対して、
日本を含むアジア各国では、肥満でない人の発症が多いのですが
この発見でいずれ新しい予防法や治療法がでてくるかもしれませんね。

スポンサーリンク
posted by なっちゃん at 10:20 | 健康関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。