2015年02月03日

ヤングケアラーって何?

ヤングケアラーって言葉を最近知りました。

10代、20代の子どもが家族の介護をしてること。

祖父母のこともあれば、両親のことも。


難しい問題は
「学業との両立」
「友人との付き合い」
などだそうです。

理解できない教師も多く、深夜の介護で授業中に居眠りする生徒に
「家族に任せればいい」
と、簡単にいってしまう例も多いそうです。

それができないからやっているわけです。
でも身近に介護を必要とする存在がいない人は想像も難しいのでしょうね。

もちろん、教師だけの話だけじゃないですね。
「介護は命に関わること」

子どもたちが家族の中でその役割を担っているとしたら
やってもやらないくてもいい「お手伝い」とは違うってことを忘れずにいたいものです。


スポンサーリンク
【シルバー世代の健康の最新記事】
posted by なっちゃん at 13:06 | シルバー世代の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。